環境にやさしい埋葬の仕方

現在の地球では、環境にやさしい(エコ)というのが課題になってきています。

これは、お墓の考え方でも言えることだと思います。
墓石というものが本当に必要なのか。
という考え方もあるかと思います。

1999年以降から新しい埋葬方法がなされるようになりました。
それが、樹木葬(樹林墓地)です。

墓地には、管理が必要になりますが現在の少子化の日本では、
墓石を永代にわたって守っていく子孫がいなかったり、
女の子しか子供がいないので、
お嫁に行ってしまうと家系が途絶えてしまうなど、その理由は様々です。

現在の日本では様々な埋葬方法があります。
先述の樹木葬や、海への散骨、宇宙へ飛ばしてしまう、ロッカー式の簡易納骨堂などです。

墓石の下に埋葬するときには、骨壷の中に入っていますが、
土に還りたいという思いの方も多いのではないでしょうか?

すべての生き物は土に還ります。
土に還りたいという思いは決しておかしなことではないのです。
自然を壊さず、環境にも優しい形で眠りたいと思うのは、とても素敵な考えだと思いますし、
沢山の花をつける樹木のしたで眠るというのは、今考えても気持ちの良いことですよね。

いつかは途絶えてしまうかもしれない永代のお墓に、
何百万というお金をかけなくとも済むわけです。

海への散骨も、どこにでも散骨していいわけではなく、きちんと許可を取った上で、
散骨をするための船をチャーターし、散骨するので、それなりの金額がかかります。

また、宇宙へとばすのにも、莫大な金額がかかります。
ロッカー式の簡易納骨堂も使用料などが継続的にかかることなど考えても、
樹木葬が一番気になることなくできるエコな埋葬方法だと言えるでしょう。

樹木葬とはいえ、勝手に散骨をするのは法律違反になります。
ですから、きちんと樹木葬を執り行ってくれる敷地を探す必要性が出てきます。

現在インターネットなどで探すこともできますから、きちんと趣旨を理解した上で、
ご自分のご意向を再確認しながら準備を進めることが必要です。
ページのトップへ戻る