お墓の管理の仕方

寺院や霊園にお墓の管理をお願いするとき、
永代使用料というものと、管理費(管理料)というものがかかってきます。

この永代使用料というものは、
そのお墓をたてる土地を所有・管理しているお寺へ永代にわたって、
その土地をお借りする(使用する)権利を持つための、
権利料をお支払いすることを称して「永代使用料」といいます。

この永代使用料というのは、墓地を手に入れる時のみ1度お支払いするものです。
仮に既に持っている墓地を相続することになってもお支払をすることはありません。
先祖の方がこの墓地を建てた時に、既にこの永代使用料はお支払をしてあるということになります。

墓地を立てる土地はあくまでも借りているものであって、
墓地を立てる土地を購入しているわけではありません。

永代使用料の他にかかるものですが、
管理費(管理料)というものがかかるようになってきます。

この管理費というのは、共同で使用する部分(お寺を使用するため、水道、電気、トイレ、廊下、
水道管や排水管なども含む、参道の整備などの共用スペースの維持、その他 など)の管理にかかる費用や、
墓地を維持するために使われます。

この管理料をお支払いしていることによって、
お墓参りに行く時に使われる水道などがきれいに掃除されていたり、
共有の参道などの草むしりがされていたり、樹木などのお手入れもされているのです。
マンションや賃貸マンションの管理費と、
同じようなものだと思って頂ければいいのではないかと思います。

この管理費については、永代使用料をお支払いした時に頂いている「管理規則」の中に記載されています。
わからない場合には、お寺などに確認しても良いでしょう。

この管理料の支払いを滞ってしまったり、継承者が長年にわたりいなかったりすると、この永代使用権は、
剥奪されてしまいますので注意が必要です。
永代使用権を剥奪されてしまうと、そのお墓は「無縁墓(無縁仏)」として整理されてしまいます。

ご先祖様が無縁仏にならないように、この使用料が払っていける金額なのかどうかも、
これからご購入される方は考えながら墓地の購入をされるとよいでしょう。

こちらのお墓の土地の広さのページも、大変参考になりますので、ぜひご覧になってみてください。
ページのトップへ戻る