樹木葬・樹林墓地

樹木葬・樹林墓地というのをご存知ですか?

お墓、墓地というと、石のお墓を連想する方がほとんどだと思いますが、
現在の日本では樹木をお墓と見立てる方法もあります。
墓石を使うのではなく、花や木を墓標とするのです。

ただし、どこに埋葬してもいいというわけではなく、
墓地、埋葬等に関する法律よいうものがありますので、その墓石を使うのではなく、
樹木葬を行ってもいいという許可が出ているお寺や霊園でしか、行うことができませんので、
どこのお寺でも霊園でもできるというわけではありません。

現在の日本では樹木葬・樹林墓地というのは、
まだまだ数が少なく、探すのに少し苦労するかもしれませんが、
インターネットなどで検索して頂ければ、ご自宅の近くにあるかもしれませんね。

この樹木葬の場合には、通常の墓石のお墓とは多少異なり、
永代で継承していくものではなく、一個人に1本という形になります。

霊園、または寺院によっては例外もありまして、既に植えてある樹木の下に区画があり、
その区画内に埋葬するという方法や、1本1本という場合もございますので、
どのような形をお望みなのかをきちんと話し合い、
十分に下見や霊園との話し合いが必要です。

また、遺骨の埋葬方法も、布にくるんだ状態での埋葬方法や、骨壷のまま埋葬出来る方法など、
各霊園、または寺院によって異なりますので、注意が必要です。
霊園、または寺院によって、埋葬方法が多少異なる場合がありますので、
樹木葬をご希望の場合には、霊園、または寺院との話し合いが必要となります。

樹木葬は、自然環境にもとても優しいですので、きっと気に入られるかと思います。
希にですが、継承が可能な樹木も霊園によってはあるようです。
継承可能な樹木をご希望の場合には、対応している霊園、または寺院を探す必要があります。

お墓のイメージを覆すこの樹木葬・樹林墓地。
亡くなったあとに、自然に帰るという意味では本当の供養になるのではないでしょうか。
ぜひご検討をオススメいたします。
ページのトップへ戻る